介護給付金にファクタリングで資金調達

  • 介護給付金によるファクタリングで事業拡大

    • 既存の介護保険事業所がさらに事業展開を考えるときには、必ず先立つものを考慮します。すなわち、資金です。

      ファクタリング会社の比較

      この資金では今までの事業で貯めてきた資金を利用する方法もありますが、それ以外に注目されているのが介護給付金を利用したファクタリングです。



      そもそも介護給付金では、利用者の数が分かれば毎月いくら程度の収入になるのかが容易に分かりやすいものです。したがって、その介護給付金によるファクタリングで資金を貸し付けたりあるいは借りたりすることで、より大きな資金を集めて事業を大きく興すことも容易になると考えられています。ただし、ファクタリングで資金を集めるわけですが、昨今の介護保険制度の改正で徐々に介護給付金それ自体が少なくなってきています。

      介護報酬の削減を本格的に国、厚生労働省が行ってきているために、介護事業それ自体の継続が難しくなってきている事業所が少なくありません。ましてや賃金等の安さから必要とされる人員を集めるのも厳しくなってきています。
      すなわち、ファクタリングで資金を貸し出したとしても、その資金を回収出来る目処が立つかどうか、慎重に審査を行っていく傾向になっていくのは明らかです。



      ファクタリングで資金を集めることが出来るところは、今まではある程度広範囲に認められてきました。しかしながら、介護保険制度の変更による収益悪化の可能性が、今後の事業展開の足かせ、ひいては介護保険事業の展開を拒む要素になり得る時代へと変化しつつあります。